スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ってるようで知らない日焼け止めのこと☀

Category : ◆ ひまわり化粧品本店
まだまだ、寒い日もあり日焼け止めはまだいいよね。と思っていませんか。
紫外線対策は、健康面と美容面、両方において1年中大切なケアです。
ここ15年間で紫外線の量は約10%も増加し、それに伴い紫外線のお肌への影響についての認識も高まっています。
ですから、今後ますます、日焼け止めの毎日の使用が定着していくと考えられています。

皆さんが日焼け止めを選ぶポイントは何ですか?
たぶん、SPF値・・・じゃないでしょうか。焼けたくないから高い数値のものを選ぶ。だいたいの方はそうされてる事と思います。

SPF値とは世界基準で決められており、数値通りの効果を得るためにはSPF測定時に用いられる、決められた量(2㎎/cm²)を塗布する必要があります。(下図の量)。しかし、専門家による調査では、日焼け止めを普通の乳液と同じ感覚で塗布した場合、SPF測定時の1/4~1/2量しか塗られていないと言われています。その場合、当然紫外線防御効果も低下しています。
himawari-1026

数値の目安としては、夏の日差しを20分浴びると肌は赤くなるのでSPF15で20分×15=300分(5時間)、SPF30で600分(10時間)効果があります。SPFは、B波の紫外線を防ぐ度合いを示す値です。ですから数値が大きければ大きいほど効果が大きいはずですが、日本人の肌にとって必要以上の数値に実用的に意味があるかどうかは疑問がもたれています。
むやみにSPF値を高くすることに安全性の面から懸念を持つ人もいます。
日本人の肌では、日常生活での日焼け止め剤としては、SPFで6から10いくつかあれば実用的に十分その機能を示す値と考えられます。それ以外に日焼け止めを使用した場合の炎症防止効果は、SPFだけでなく、汗や水の影響を受けてもその効果がいかに持続するかという耐水性の要因も考慮する必要があります。

ですから日焼け止めを選ぶときは、日焼け止めを使おうと考えているシーンに合わせて以下の5つの項目を確認することをお勧めします。

①使用シーンと使用量の目安をセットで確認
  製品に記載する目安量はメーカーが自由に設定することができるため、塗布時の使用感や白浮き等を考慮し
SPF測定時の塗布量よりも少なく設定していることがあります。
現在使用中のものも上の図の量で確認してみては?

②使用量の目安をしっかり塗れるか⇒仕上がりが自然かどうかを確認
  色や肌触りに違和感がないかを、手にとって確認してください。
  毎日使い続けられるかどうかを決める大きなポイントです。

③耐水性があるかどうかを確認
  スポーツで汗をかいたり、水にぬれたりするシーンでは耐水性が必要です。"耐水性"、
  "汗や水に強い"、 "ウォータープルーフ"などのキーワードを確認しましょう。

④お肌の内側のケアにも対応できるかを確認
  紫外線防御剤だけで紫外線を100%カットすることはできません。
  紫外線によるお肌の内側のダメージを抑制するための消炎効果や抗酸化作用も必要なのです。
  パッケージや説明書で確認しましょう。

⑤自分の肌に合うかを確認
  日焼け止めに配合されている紫外線防御成分は、安全性が確認されている範囲内で使用されていますが肌質に
  よっては合わない場合もあります。実際化粧品トラブルの多いのが日焼け止めです。
  1度でもトラブルを起こした経験のある方は購入前にサンプル等で自分の肌との相性を確認することをお勧めします。


※メイクの塗布量だけでは紫外線防御は不十分です。(1回のファンデーション使用量は基準量の1/10~1/4程度)
 仮にファンデーションだけでSPF値通りの紫外線防御効果を得ようとするとかなりの厚塗りとなるので
 現実には不可能です。ですからサンカット効果をファンデーションだけに期待することはお勧めできません。

※休日もスキンケアの1つとして日焼け止めを。休日も紫外線はお休みしません。家の中でもUV-Aはガラスを透過しますので油断禁物です。
 「お休みしたい」と思うのは肌に合わなかったり、使い心地がイマイチな日焼け止めをお使いだからではありませんか? (休日用に肌負担の少ないものを別に使うのもお勧めです)

※紫外線対策に手遅れはありません。確かに若い頃浴びた紫外線の影響が50代頃から徐々に現れて来ますしみや、しわ、たるみといった紫外線によるお肌の老化に終わりはありません。また皮膚がんなどの病気の対策
としても年齢にかかわらず紫外線対策は大切です。

※お子さまにも日焼け止めを塗ることをお勧めします。
 紫外線の影響は蓄積するので、幼い頃からの対策はとても大切になります。しかし、お子さまのお肌は
 とてもデリケートですのでお肌にやさしい日焼け止めを選んであげましょう。

※1番大切なのは、記載されている使用量の目安量をしっかりと塗ることです。
 つけてたのに焼けてしまった…。この場合は、たぶん適量を使わなかった場合がほとんどだと思われます。

  日焼け止めでかぶれたり、独特の使用感(キシキシ感)がいや、肌が乾燥する、匂いがいや…。
 そんなお悩みのある方は、お気軽に当店にお越しください。
 そんな方には、新居浜で、当店でしか取扱のないヒノキ肌粧品の日焼け止めをお勧めしています。
 使用シーンに合わせてサンプルを差し上げます。
 これが日焼け止め?と皆さん、びっくりされます。あるお客様は、ご自分のブログにも載せて下さったそう!!

 毎日の紫外線対策は将来への投資です。毎日気持ちよく使えて肌に優しい日焼け止めを!!
 himawari-1027



ひまわり化粧品本店
ひまわり化粧品本店 〒792-0012 新居浜市中須賀町1-7-24
☎&FAX : 0897-34-5030  三井住友銀行西100m 昭三会東商店街 
 ok_ok_hima_chan@yahoo.co.jp
取扱メーカー:アルビオン・エレガンス・コーセー・プレディア・オパールR-Ⅲ・ヒノキ

関連記事

Comment

非公開コメント

新居浜商店街連盟
熱血あきんど達

新居浜あきんど魂

Author:新居浜あきんど魂
 商店街期待のNewFace! 

検索フォーム
商店街・カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カウンター
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブログランキング

人気ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。